妊娠中の奮闘記② 妊娠5ヶ月〜6ヶ月

5ヶ月の安定期に入ると
悪阻がおさまり、ご飯が食べれるようになってきました!

そして何より嬉しかったのは
ご飯を作れるようになった事!! 


ずーっと旦那に作ってもらっていたので
楽出来ていいなーっていうより
作れなくてごめんなさいって気分でした。


家で寝てばかりいると、
気分もマイナスになりやすく
『何もできなくてごめんなさい』状態に。
 

旦那が
『赤ちゃん育ててるじゃないですか。
それが今のナンシーの大事な役割』
と言ってくれたので救われました。


旦那が胃腸の調子を1週間くらい崩して
あんまり食事がちゃんと出来なかった時期に
『悪阻はそれがずっと続く感じだよ』と伝えたら
『俺には絶対無理!!』と。


悪阻の時期にしんどさを共感出来る出来事があったのも
妊娠生活を協力してできたのかも知れません。


悪阻が収まった安定期の5ヶ月目。
季節は4月。
ほとんど家で寝たきりだったので
足の筋肉がほとんどなくなって、
ぷにゃんぷにゃんになっていました。

 
なんだこれーーー!なぷんにゃんぷにゃん。
触り心地を楽しんでる場合じゃないので
なるべく歩くようにしました。


とはいえ、ご飯食べれてなかったので体力は無く、
歩いて10分のスーパーにいくだけで疲れ果て、
腰が痛んだり足がだるくなって
3〜4日に1日は1日中寝ていないと体力が回復しない。


それでも!
お日様にあたったり外に出られる事は
すごくいい気分転換になりました。

外食も久々に旦那と出来て嬉しく、
気持ち的にも余裕が出てきたのもこの時期から。

 

戌の日に奈良の帯解寺へ行ったり、
赤ちゃんの胎動を18周目に初めて感じれたのも気持ちを明るくしてくれました。


ただ、安定期とはいえ無理は禁物。
私はこの時期胎盤が少し入口に近く低い位置にあったようで
長めに歩いた翌日に少量だけれど出血が。

幸い赤ちゃんも元気で、
胎盤もその後順調に上まであがってきたら出血はなくなり、ほっ。。。


検診で調べないと、どこから出血しているかが分からないので
出血があったら少量だろうとなんだろうと即受診!!!
と教えてもらいました。

 
体力をつけるのも大事だけれど、
整えるのも大事。
 

お家では、たんぽぽ料理教室の田村先生にオススメしてもらった
あまい野菜のスープを作って1週間くらい飲み続けました。
(あまい野菜のスープで検索するとレシピが沢山出てきます)
d0371295_07320474.jpg
手間はかかるけれど、効果は抜群。
 

妊娠6ヶ月を過ぎる頃には体力が通常並みに。
 
 
美味しくご飯が食べられる、
自由に外を歩ける。


これがとにかく嬉しい!!

お腹が重くなる前に、赤ちゃんを迎える為に家の片付けや
断捨離をしたのもこの時期。


色々できるのも、
赤ちゃんが元気なおかげ。

そんな風に思えるのも,
本当に、
悪阻がおさまったから!!


妊娠後期まで続いていたらと思うとぞっとする。。。
安定した妊娠って本当に奇跡なんだなと痛感します。
 

さて、今日も無理せず美味しいご飯を作ろう。

[PR]
by nara-tegaihouse | 2017-09-19 07:40 | 妊娠中の奮闘記 | Comments(0)

テガイハウスセラピストの親ばか日常日誌。


by ナンシー
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31